黄色いの女の子


72 名前:もしもし、わたし名無しよ[sage] 投稿日:2009/02/24(火) 03:20:50
全然怖くないと思うけど、皆さんの体験談を読んでる内に思い出したので投下。


今は完全に人形者だけど、小学生の頃は父と仏間に居るいちまさんの影響で、人形が怖くてたまらなかった。
そんな私なのに、何故か小学二年生ぐらいには既にリカちゃん二人とわたるくん?が一人家に居た。叔母が買ってきてくれたらしいが、1/6サイズの人形でも怖くて箱の中に仕舞いっぱなしだった。

小学校高学年になると、人形が怖いという気持ちは薄れたけれど、やっぱりなんだか薄気味悪くて遊ぶことはしなかった。
でも段々罪悪感みたいなものが湧いてきて、家にいるよりも構ってもらえるだろうって当時通ってた学童保育に持っていった。結果的には男子に髪掴まれて振り回されたりしてて、持ってくるんじゃなかったって後悔したけど、あげるって言った手前持って帰れなかった。
その学童保育では雨の日はビデオを見るのが普通で、土砂降りだったその日もみんなで一ヶ所に固まってテレビに釘付けになってた。
なに見てたかは流石に覚えてないけど、夢中になって見てたはずなのに、視界の隅で何かがちらっと掠めてそっちに視線を向けたんだ。

 
73 名前:もしもし、わたし名無しよ[sage] 投稿日:2009/02/24(火) 03:23:11

そしたら、積み重ねたおもちゃ箱に寄っ掛かるようにして、全然知らない黄色い服着た女の子が座ってた。
顔は靄がかったみたいでよく見えなかったけど、見られてるのに気づいたのか、こっちに顔を向けた次の瞬間、ふっと消えてしまった。途端にがらがらっておもちゃ箱が倒れちゃって、それでみんなもそっちを見たんだけど、後から聞いても女の子を見たって子は居なかった。

で、もう書かなくてもわかるだろうけど、リカちゃん人形の内の一人は、叔母が遊びに来た時に貰って嬉しいよって見せる為に一回だけ着せ替えさせたまんまの黄色い服を着てたんだよね。
でもそれからは二度と現れなかったし、下級生の女の子たちがままごとに使って普通に遊んでたから気にしなくなったんだけど、今考えたらちょっと不思議だ。


前置き長い上に、文構成下手くそでごめんなさい。


 
74 名前:もしもし、わたし名無しよ[sage] 投稿日:2009/02/24(火) 14:35:32
しょんぼりしてるリカちゃんの中の人、切なす
 
75 名前:もしもし、わたし名無しよ[sage] 投稿日:2009/02/28(土) 23:02:08
(ΦдΦ)
 

コメントを読む
十四巻目 次の話
十四巻目 メニュー (1列)  (表)
1列メニュー  Top

名前:
コメント(空白なら拍手のみになります)

 送信